用語解説

断面がL字に近い形状をした形鋼を山形鋼(やまがたこう)と言います。アングル鋼とは、山形鋼の内、L字の二辺の長さが等しいものを指します。また、二辺の長さが異なる山形鋼を不等辺アングルと言うこともあります。

アングル鋼は、その形状からH形鋼の次に需要が高く、建設用として使われることが最も多く、産業用としても機械や装置、自動車、造船、車両など耐荷重が必要な用途に使われています。当社では、局舎と呼ばれる筐体の設計・製造を行い、その土台としてこの型鋼をくみ上げたものを使用しています。