用語解説

縞鋼板(しまこうはん)とは、鉄鋼製品の一種で、圧延によって表面に連続した滑り止め用の突起が形付けられた鋼板のことです。縞鋼板は別名、チェッカープレートとも呼ばれています。縞鋼板の材質は、炭素鋼のものがほとんどで、熱間圧延で製造されます。縞鋼板は表面に滑り止め用の突起が付いているため、工場の床・階段や船舶の甲板・デッキ等多様な分野に用いられています。また、必要に応じて縞鋼板に溶融亜鉛メッキ処理を施すことで耐食性を付与することもあります。当社の製品では、人が中に入れるほどの大型筐体の設計・製造を手掛けており、豪雪地帯などで使用する場合には、滑りどめ・階段からの落下防止を目的に数多く使用しています。